審美歯科・ホワイトニング

審美歯科治療でより美しく、自慢の口もとを。

審美歯科では歯の病気の治療ではなく、お口をよりキレイに自然に仕上げる施術を行います。お口は表情を持つ顔の一部ですから、その人の印象を左右します。審美歯科で更に自慢の口元を手に入れませんか。

銀歯のデメリットは目立つことだけじゃない

虫歯治療の際に、保険診療で施される銀歯(金銀パラジウム)は口を開けたときに目立ちます。しかし銀歯のデメリットはそれだけではありません。 銀歯は自然歯と比べて硬すぎることと、 金属アレルギーを発症させる可能性があること、長いこと使うと 隙間から虫歯菌が入り虫歯(二次カリエス)になることもあることなどが挙げられます。

銀歯は長年使うと少しずつ溶け出すことが分かっています。これが金属アレルギーを発症させるリスクになり得ます。また、二次カリエスは気付かないうちに虫歯が進行していることもあり、厄介です。

銀歯から納得の補綴物へ

保険診療で安く装着した銀歯は、自由診療にはなりますがセラミックや金などの別の素材の補綴物に交換することが可能です。

メタルボンドクラウン

裏側が金属、表側がセラミックという被せ物です。セラミックの中では昔から使われている種類になります。硬さと色調は標準的です。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックの粒子とレジンを混ぜた被せ物です。セラミックよりは硬くなく、自然歯との噛み合わせに優しい素材ですが、その分、まれに割れてしまうこともあります。

オールセラミッククラウン

全体がセラミックでできた被せ物です。ほとんど経年劣化しない白さを持っていて、表面に歯垢が付きにくいという特徴があります。装着の際に歯を削る量が比較的多いです。

ゴールドクラウン

柔らかいため歯の形に忠実に作製することができ、噛み合せの歯を傷めることがありません。噛み合せの歯を傷めることなく、汚れが表面に付きにくい特徴があります。

ホワイトニングでかつてない白さの歯に

ホワイトニングにはどんな印象をお持ちですか?
ホワイトニングは着色汚れを落とすクリーニングと違い、歯に薬剤を塗り、レーザーで照射して白くする技術です。4回ほど定期的に行うことで長く白さを定着させることが出来ます。薬剤が色素を分解して白く見せるため、研磨することで白くなる歯磨きとは違う白さを実感できます。

お問い合わせ

tel.

[ 診療時間 ] 10:00 -- 13:00 / 15:00 -- 20:00※ 水曜は17:00 までの診療となります[ 休診日 ] 日曜祝日