デンタルブログ

妊娠中から役立つ歯・口の子育て 2

2016年04月09日

 

 

お子さんのお口の健康について

 

赤ちゃんの歯はいつごろできるの?

 

乳歯は妊娠7週目頃から歯の芽が作られ始めます。

永久歯の六歳臼歯や前歯も、妊娠中に歯の芽が作られています。

丈夫な歯ができるように、バランスの取れた食事をすることが大事です。

 

歯はいつごろ生えるの?

 

生後6~9カ月になると、下の前歯から生え始めます。

全て生えそろうのは2歳半~3歳頃です。(個人差があります)

 

むし歯菌の「母子感染」を防ぐために

 

赤ちゃんが生まれたとき、お口の中にはむし歯菌はいません。

むし歯菌は歯につくので、歯の本数が増えるとともに、むし歯菌の数も増えると言われてます。

さらに、お母さんから唾液を介してうつることが多いので、妊娠中からお母さんや家族の方のお口の中もきれいにしておくことが大切です。

 

赤ちゃんのお口のお手入れ

 

●歯が生える前(出生時~5カ月:歯ブラシの準備期)

母乳後のお口の中は唾液が綺麗にしてくれます。

お口の中を触られることに慣れてもらうため、お口のまわりや歯ぐきを指でマッサージするように触れてみましょう。

 

●前歯が生えてきたら(生後6か月~)

母乳、離乳食の後は、湯さましやお茶を飲ませましょう。

最初は、湿らせたガーゼで歯をふいてあげることから始めましょう。

 

1歳を過ぎて、上の前歯が生えそろってきたら、奥歯が生える頃までには歯ブラシを使い始めます。(生後1歳~1歳半)。

 

甘い飲み物は糖分が入っていてむし歯になりやすいので、注意が必要です!

 

小さなお子様のお口の中は、成長とともに日々変化をしています。

ムラオ歯科クリニックでは、歯のお手入れ方法やおやつの食べ方、母乳・離乳についてのアドバイスなどを行っています。お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

tel.

[ 診療時間 ] 10:00 -- 13:00 / 15:00 -- 20:00[ 休診日 ] 日曜祝日
※ 水曜の午後は14:00 -- 17:00 までの診療となります