デンタルブログ

口の中の汚れは命にかかわる?誤嚥性肺炎

2016年08月26日

 

誤嚥性肺炎とは?

 

口の中は食べかすやそれを餌にして繁殖した細菌の巣窟となっています。

それが誤って気管から肺に入り(誤嚥)、肺で病気を起こすことを「誤嚥性肺炎」といいます。

 

 

 

ほとんどが寝ている間に起こる

 

起こり方は主に2つあります。

ひとつは食事中飲食物が食道ではなく、誤って気管に入るもの。たいていの場合はむせることで、気管から異物を吐き出そうとしますが、一部が気管に入ってしまうものです。

もう一つは睡眠中気づかないうちに、細菌を含んだ唾液を誤嚥してしまうもので、こちらの方が多いといわれています。

高齢者は気管支の線毛運動が弱いうえ、せきをする力も弱いため、気管に細菌が入っても出すことができず、肺炎を起こしてしまいます。

口の中の細菌が起こす誤嚥性肺炎で亡くなる高齢者がたくさんいます。

特に脳卒中(脳血管障害)の後遺症がある人や感染に対して抵抗力が弱い人、老化によって嚥下機能が低下している人などは要注意です。

 

誤嚥性肺炎を決して甘く見てはいけません。

日本人の死亡原因の4位である肺炎は高齢者に多く、65歳以上の高齢者が9割以上を占めています。

肺炎の原因菌の代表である肺炎レンサ球菌は多くの高齢者の口腔内から検出されます。

歯周病菌や緑膿菌、ブドウ球菌などの口腔常在菌も肺炎の原因菌となることもあります。

死亡原因についてこのうち誤嚥性肺炎はどのくらいの割合を占めるかははっきりしませんが、かなり多くを占めると推測されています。

 

誤嚥性肺炎の予防

 

①脳、精神運動機能の活性化:臥床による全身および脳・精神運動の低下を防ぐために積極的にリハビリを行い、日常生活の機能を保持するとともに、脳精神機能を活性化するように努める。

②口腔内清掃:口腔内常在菌の繁殖と食物残渣を防ぐために口腔内の清潔を保つ。

③鎮痛剤・鎮咳剤の不適切な使用の禁止。

④食事の形状に配慮

⑤互食後座位を保つ

⑥その他:全身の清潔、日光浴など

 

誤嚥性肺炎にならないためにも予防と対策を心がけましょう(^_-)-☆

 

摂食指導

 

 

お問い合わせ

tel.

[ 診療時間 ] 10:00 -- 13:00 / 15:00 -- 20:00※ 水曜は17:00 までの診療となります[ 休診日 ] 日曜祝日