デンタルブログ

エナメル質形成不全症とは

2016年10月14日

 

10人に1人の子供に?!

エナメル質形成不全症とは?

 

 

エナメル質形成不全症とはおもに前歯6歳臼歯に発症する、

先天的なエナメル質の形成障害のことです。

 

エナメル質は本来からだのなかで最も硬い組織です。

鎧のように外側を覆って歯を守る働きをしています。

エナメル質形成不全症の歯は、エナメル質の密度が粗くもろいため

噛みあう度にエナメル質が削れて欠けてしまいます。

そして、エナメル質が失われることでむし歯になりやすくなるのです。

 

早期発見が重要!!

歯科検診を受けましょう!

 

エナメル質形成不全症と診断するにはプラークを取り除いて

歯を乾燥させ、明るいライトで調べる必要があります。

学校の歯科検診を受けるとともに、歯科医院でも個別に診てもらいましょう!

 

エナメル質形成不全症であっても、早めに気づいて

定期的にメインテナンスに通っていただければ

予防や小さい処置などできることはたくさんあります

 

歯が欠けたりしていても、お子さん本人は

問題に気づいていないことがほとんどです。

お子さんが突然の激しい痛みで辛い思いをしないように

歯科医院で検診を受けましょう!

小児歯科

 

お問い合わせ

tel.

[ 診療時間 ] 10:00 -- 13:00 / 15:00 -- 20:00※ 水曜は17:00 までの診療となります[ 休診日 ] 日曜祝日